ふくしまで始める新生活は、このサイトからスタート!

福島と企業の魅力をガイドする

ふくしまWORKナビ

大七酒造株式会社

学生が見た『ココ』がすごい!

伝統ある昔ながらの
日本の美を尊重する、福島が誇る酒蔵

酒造りだけでなく建物や環境、考え方などありとあらゆるところから日本ならではの「美」を感じることができました。働いている方々からも、先人が築いてきた古くからの良き伝統と文化を正しく受け継いでいくという覚悟や熱意、そして誇りがひしひしと伝わりました。世界に大七という名、日本酒がいずれ知れ渡る日が来るという強い印象を受けました。

学生の疑問? Q&A

代表者に聞きました

日本酒初心者とベテランの方それぞれへのイチオシ商品や、選び方を教えてください。
初心者には、雪しぼりにごり酒(微発泡性)、箕輪門(純米大吟醸)がおすすめです。ベテラン向けには純米生酛山田錦、楽天命はいかがでしょうか。まずは気に入ったお酒から入っていただくのが良いと思います。そして日本酒に慣れてきたら、次は日本酒に合わせる料理にこだわるとより楽しめると思います。
若い人材に期待していることは何ですか。
素直になんでも吸収して育ってほしいです。経験を通して得意、不得意を知ってもらいたいです。伸びることを楽しみにしています。
経営するにあたり苦労したこと、大変だったことは何ですか
守るべき物が既にあったことが、大変でもあり、ありがたくもありました。まっさらなゼロからのスタートではなく、伝統を守るため、自由にはできない部分もありました。生酛造りは、時に時代の流行に反することもありましたが、その分頭をひねって先人が残してくれた大事なものは残しつつ、個性を大事にすることが必要でした。

若手社員に聞きました

入社を決めたきっかけは何ですか。
水口さん:学んでいたデザインを生かし、日本伝統を受け継ぐ仕事に携わりたかったためです。
物江さん:日本酒の勉強を通して好きになりました。日本の文化としても日本酒に興味を持ち、伝統を重んじる大七に惹かれました。社長と実際にお話をし、一緒に働きたいと感じ入社を決めました。
入社前と入社後のギャップはありましたか。
水口さん:思ったより女性が多く、男性のみなさんもとても優しいです。家族のような雰囲気です。
物江さん:伝統があるので、とても堅い雰囲気のある会社かと思っていましたが、家族のような温かい会社です。

取材後の感想

日本大学 二宮 健太さん
社屋の建物やお会いした皆さんから、とても優雅で、ただならぬ気品を感じました。日本酒だけではなく、太田当主や社員の皆様の優しく温かい人柄も会社が愛される理由なのだと思います。また、大七酒造ならではの製法やこだわりにも驚くことはたくさんありましたが、日本の美しい伝統や文化、風習を重んじている点が最も印象に残りました。
大妻女子大学 真船 遥華さん
お酒を作る環境が、予想以上に現代的かつしっかりとしたつくりになっていて驚きました。また、こだわりがお酒そのものや手法だけでなく、建物にまで及んでいることは本当に驚きました。働いている方々の意気込みやこだわり、誇りのようなものも、案内や説明を通して感じることができ、感銘を受けました。

(2018年2月現在)

アサヒ電子株式会社の様子
大七酒造株式会社の様子
常磐興産株式会社の様子
酪王乳業株式会社の様子
「福島県企業ガイドブック」電子版
福島の今を知る動画スペシャルサイト